アコヤガイのシェルプレート作り「ネイチャーCraft」ワークショップ
suzusuzu

こんにちはポケ海ハンドメイド協会の岡澤です。
今日はオンラインサロン「ネイチャーcraftナビラボ」で提供の『ネイチャーCraftワークショップセミナー』の作品を紹介をするよ♡

nonokanonoka

ネイチャーcraftナビラボは、月に数本のnatural素材やCraftなどを楽しむ動画やワークショップセミナーなど『自然を楽しむ』情報をお届けしています。

ナチュラル素材を使った物作りが楽しめるように、素材の紹介や工具の使い方、作品作りなど様々な物作りが楽しめる情報がテンコ盛りなので、自然が好き♡ナチュラルCraftが好き♡な方にはピッタリのオンラインサロンです。

suzusuzu

今回は、オンラインサロンで開催の『アコヤガイで作るシェルプレート作り』ワークショップセミナーを紹介致します。
※ちなみに、サロンのネイチャーCraftワークショップは毎回作品が違います!!

nonokanonoka

オンラインサロンが気になる方はコチラ↓
『ネイチャーcraftナビラボ詳細』
▼Qアールコードはコチラ

 

アコヤガイ(真珠貝)とは

まずは『natural(海)素材』の特徴について!

アコヤガイ(阿古屋貝)はウグイスガイ目ウグイスガイ科の2枚貝になります。

大きさは成貝で10cmほどになり貝殻は平たい半円形をしており、貝殻の外側は緑黒色で牡蠣の様に層状になっており剥がれやすい。

貝殻の内側は真珠層で強い真珠光沢があり、養殖真珠の母貝として利用されています。

アコヤガイは真珠貝とも呼ばれ養殖真珠を作り出す母貝として有名な貝です。
また、真珠養殖に利用される真珠母貝ですが天然でも殻内に真珠を持つことがあるそうです。

ちなみに、真珠を形成する貝はアコヤガイの他にクロチョウガイ、シロチョウガイ、マベなどがいます。

 

『真珠(パール)が象徴するもの』

日本語の『真珠』はその昔、山で採れる美しい石を「玉」、海でとれるものを「珠」、と呼んだことから名づけられたと言われています。

真珠は他の宝石と違い、生き物である貝が「歳月をかけて育む」という真珠の形成過程は、生命の力強さを印象づけているともいえます。

真珠は6月の誕生石とされており。
その石言葉は「健康・無垢・長寿・富・純潔・円満・完成」などがあり、母貝から育まれることから家族の愛情の象徴とも言われています。

 

 

アコヤガイ(真珠貝)のリサイクル

nonokanonoka

ところで、真珠を採ってしまった後のアコヤガイの殻はどうなるんでしょうか!?

アコヤ真珠取り出し体験
をしてきた際に気になったので聞いてみました!

実はアコヤガイの殻は廃棄処分になるそうなんです(/ω\)
え~こんなに奇麗なのに!!

suzusuzu

はい!凄く勿体ない気がしますよね💦

どうやら貝殻の再利用が一番難しいようです。
粉末にして肥料や飼料に使われることも多いようですが、装飾品の材料としてあまり使われていません。

同じ真珠を作るクロチョウガイ、シロチョウガイなどの貝殻はボタンの材料やアクセサリーなどの装飾品としてニーズがありますが、アコヤガイにニーズが無いと言うにはそれなりの理由があるわけで・・・。

suzusuzu

とは言っても繊細で美しい真珠層を持つアコヤガイ!
何とかリサイクルして使いたい!!

と言うことで早速、アコヤガイの特徴を調べて作品作りを開始!

とっても可愛い雑貨「シェルプレート」が完成したのでオンラインサロンのワークショップ作品として紹介しますね♡

また、アコヤガイを使った作品は他にも色々作れます♡
随時、サロン(ネイチャーcraftナビラボ)のワークショップで紹介していきます!お楽しみに。

ちなみに!オンラインサロン(ネイチャーcraftナビラボ)に入会すると終了したワークショップ動画も見れて、材料購入も可能ですよ!!

ぜひご検討下さいね(^^)/

 

アコヤガイ使用のポイント!!

岡澤が調べたところアコヤガイについて幾つかの注意点を発見したので載せておきますね。
このポイントを押さえればアコヤガイ使用の作品作りはバッチリです。

・アコヤガイの外側は層状ではがれやすい。
・全体的に殻が薄く割れやすい
・付着物や虫食いも結構ありますね(要チェックです)
・外側の削り加減と真珠層の見え方は密接してる
・日が経ては真珠層も劣化し輝きが鈍くなります。

 

そして最も厄介だったのが『ヒビ割れ!!!』

元々結構なヒビが入っている状態だったんだけど、下準備の処理をしてヒビも削って良い感じと思いきや・・・一時置くと又ひび割れが(/ω\)

どうやら『乾燥するとひび割れが入る』という特徴があるようで。
そりゃ使い難いわ💦

『砕いて材料にする』という手もあるのだけれど、それは簡単なのでまた後日!
今回はアコヤガイの殻そのものを使いたい。

と言うことで幾つかチャレンジして完成させた作品はコチラ↓

 

真珠貝で作るシェルプレート

本物の真珠層で出来ているシェルプレートです(≧▽≦)
光の差しすかげんでキラキラ✨輝いて素敵💛ズ~ッと傍に置いて眺めていたい! そんなインテリア雑貨です。

手のひらサイズのとっても可愛いアコヤガイ(真珠貝)で作るシェルプレート♡
はアコヤガイの持つ様々な色合いの真珠層により同じものは2つとして作れません。

あまりにも可愛いとの事でポケ海のオリジナル作品として♡なんと販売も開始します。
真珠のネックレスなどとお揃いでプレゼント🎁されると、きっと喜ばれますよ。
※実物は深みがあって本当に可愛いのに!写真がなんかいまいちで悲しい(/ω\)

 

アコヤガイの持つ真珠層の色彩

アコヤガイは一つ一つ微妙に真珠層の色合いが違っていて、改めて確認するとどれも本当に素敵な色を持っています。

その為、同じアコヤガイでも真珠層の色合いで作品の雰囲気ががらりと変ります。
※写真では輝きが奇麗に移せなくてとっても残念💦

▽緑を含むゴールド系

▽ブルーを含むシルバー系

▽少しゴールドぽいシルバー

▽その他にも、こんなに美しい色合いの物もあります。
右から、イエロー、ブルー、パープル系など、本当に奇麗です。

 

この様な美しいアコヤガイ(真珠貝)を、もっと知って楽しんでもらえる作品として考えたシェルプレート!
是非、自分の手であなただけの作品を手掛けてみませんか♡

初心者さんでも大丈夫!!
難しい所の加工部分はすべてコチラで処理して材料をお送りいたします。

▼詳細はコチラ▼

 

材料の加工済アコヤガイについて

上記にも載せた様に、アコヤガイはとても使いずらい材料です!!

その為、お送りする加工済アコヤガイの下準備(加工)だけで結構な手間暇がかかっています💦

ですが此処がちゃんと出来てないと可愛いシェルプレートにはならないので、一日に沢山の数は熟せませんが、お届けできる状態まで『加工→チェック』を繰り返して一つ一つ丁寧に研削研磨をしてお送りしますね。

 

アコヤガイの外側の付着物や剥がれやすい層状は、真珠層の色合いを考慮して削っています。
また、ヒビが入りやすいアコヤガイの特質上のちいさな亀裂、虫食いや凸凹などが若干ありますが、作品作りに問題が無い所まで加工済ですので、自然素材の持ち味としてご理解ください。

大きさや深さも様々で、真珠層の色合いもまちまちです。
※材料の指定はできません。
ちなみに、真珠の色は母貝になる貝により変わってきますし、個体差でも違ってきます。

 

『アコヤガイの加工』

▼手を付けていないアコヤガイ
虫食いや付着物も多くひび割れも結構ある状態です。

削っても後からまたひび割れが出てきますので、確認の繰り返しと可能な範囲の見極めが必要です。

 

▼奇麗に形を加工した状態
虫食いの部分を削除し、付着物を削り落としています。
外側は美しい真珠層の色を維持するためのギリギリまでを磨いています。

内側は真珠層の劣化加減を確認して必要な物には磨きを入れています。

 

一通りの作業が出来ましたらアコヤガイの材料パーツの出来上がりとなります。

加工に結構な時間を要する為、材料費は少しかさみますが1点物のシェルプレート作りを楽しんで頂けると嬉しいです。

 

 

シェルプレート作りワークショップの紹介

suzusuzu

コチラのワークショップは、
サロン(ネイチャーcraftナビラボ)のワークショップになりますが・・・

特別に『3名限定のワークショップ体験』
が無料コミュニティーから申込めます。

▼無料コミュニティーはコチラ
『海好きが楽しむナチャラルCraft』

nonokanonoka

アコヤガイのシェルプレート作り

▼詳しくはコチラ
8月1日(3名限定)募集開始!!
『ネイチャーCrafオンラインワークSHOP』